一般・小児歯科(床矯正)|歯医者、口腔外科なら名古屋市東区のまつうら歯科。親知らず,虫歯,ホワイトニング

一般・小児歯科(床矯正)

一般・小児歯科

一般・小児歯科img
虫歯治療、歯周病治療、義歯製作などを行っております。

「できるだけ痛くない、できるだけ削らない、なるべく神経を抜かない、より確実な根の治療、なるべく抜歯をしないで保存をする」をモットーに、安心して治療を受けていただけるよう心掛けています。また、治療方針がいくつか考えられる場合は、それぞれの方針について十分ご説明し、ご納得いただいた上で治療を行うよう努めています。


また小児歯科では、お子様の虫歯予防(歯磨き指導、シーラント、フッ素塗布)を重視しており、噛み合わせ、歯並びなどについてのご相談も随時承っております。ご利用ください。「怖くない。痛くない。」お子様が歯医者嫌いにならないように、そして歯を大切にしたいと思ってもらえるように、スタッフが精一杯サポートいたします。

マイクロスコープを用いた神経・根の治療(精密根管治療:マイクロエンド)

マイクロスコープ

当院ではカールツァイス社製歯科用マイクロスコープを使用しています。

精密根管治療(マイクロエンド)とは?

「マイクロエンド」とは、肉眼では見えないほど小さな患部でも拡大して確認できる顕微鏡(マイクロスコープ)を使用した精密根管治療です。

ミクロン単位の繊細な技術が求められる

根管内は細くて肉眼では確認が難しく、途中で曲がっていたり枝分かれしたりと、複雑な形状をしています。また、一人ひとり違う形状をしているため、根の状態に併せて治療しなければなりません。そのため、ミクロン単位の歯科技術が求められてきます。


どのようなときにマイクロエンドが必要なのか?

初回の歯の神経を取る抜髄、なかなか治らない根尖病巣の根管治療、深い虫歯治療、すべてマイクロエンドを行うのがベストです。ただし、すべての根管治療をマイクロエンドで行うのは費用と時間がかかるので当院では患者さまと相談をしながら治療を進めていきます。

アメリカでは、ほぼ100%の普及率。日本では...

歯科医療の先進国・アメリカでは、ほぼ100%の歯科医院がマイクロスコープを導入しています。これに対して日本の導入率はまだまだ。大学病院の根管治療を専門に行う医局でもマイクロエンドを行える歯科医はほぼいないのが現状です。

PAGE TOP