審美歯科|歯医者、口腔外科なら名古屋市東区のまつうら歯科。親知らず,虫歯,ホワイトニング

審美歯科

自費診療と保険診療の違い

歯科診療には保険診療と自費診療とがあり、診療内容により保険が適用される診療と適用されない診療があります。残念ながら現在の保険診療では最低限の審美性保持・機能性を主としており必ずしも体にやさしい治療とはいえません。歯の機能を回復すると同時に、見た目の美しさも重視した診療を行う審美歯科では、基本的に保険が適用されません。ここでは、それらの特徴についてご紹介します。

自費診療

自費診療img
保険が適用されず、すべて患者様の自費で行われるのが自費診療です。

高価な素材を使用するお金のかかる診療と思われがちですが、決してそれだけではありません。機能性だけでなく審美性にも優れた詰めものや被せものを使用でき、単に“噛める”だけではなく、“快適に噛める”歯を取り戻せます。同時に、きちんと咬み合わせも考慮され、総合して高度な診療が実現します。高額にはなるものの、診療後に得られるメリットを考えれば、費用に見合った診療といえるでしょう。


保険診療

保険が適用される保険診療。

歯の基本的な機能を回復することに重点が置かれているため、使用できる素材が限られます。そのため、機能重複となり見た目の美しさは二の次になることがほとんどです。

どちらを選ぶかは自分次第

ひとくちに自費診療・保険診療といっても、さまざまな治療法があります。お悩みの症状の進行具合によっては、保険診療でも審美的な診療が実現する場合もあります。診療前のカウンセリングの場などで担当医師ときちんと話し合い、納得のいく診療を受けましょう。

キレイを目指すなら、やっぱり自然なものがいい!

「今入っている人工歯は、歯ぐきが黒ずんで見えてイヤ」「奥歯の銀歯が見えてしまうから、思いっきり笑えない」「神経を取った歯の色が黒ずんでいるのが気になる……」こういったお悩みを持つ方におすすめしたいのが「オールセラミック」を用いた詰めもの・被せもの。金属を使わず、天然歯に極めて近い審美性を再現できる、セラミック100%の補綴物です。

ジルコニア図

ジルコニア(自費診療)

当院ではノリタケカタナシステム(ジルコニアフレーム製作用CAD/CAM)で制作したジルコニアフレームを使用しています。
近年特に注目されている歯科素材です。「白くてキレイ」「オールセラミックより強くて丈夫」「人体に優しい(生体親和性に優れている)」という特徴を持ち、ほとんどのケースで適用可能です。

また、メタルボンドのように経年により歯ぐきとの境目に黒ずみが起こることもありません。そのため、銀の詰めもの・被せものに代わり広く用いられています。多くのメリットを持つジルコニアですが、「オールセラミックより透明感に劣る」というデメリットもあります。

【ジルコニアを用いた補強物例】
  • ジルコニア冠
  • ジルコニアブリッジ

オールセラミック図

オールセラミック(自費診療)

当院ではペントロン社製OPCシステム採用をしています。丈夫で保険が適用される銀歯は、歯科治療においては一般的に用いられています。しかし、見た目が目立ち、歯ぐきの黒ずみ・金属アレルギーの原因になることも。そんな欠点をカバーしたのが、オールセラミックなのです。セラミックは非金属であることはもちろん、透明感があり、患者様一人ひとりの歯の色に合わせて微調整できるため、近くで見ても本物と見間違えるほど審美性に優れています。

オールセラミックは色合わせができる

オールセラミックを使った補綴物は、歯科技工士が実際に患者様の歯の色を見ずに製作するのが一般的です。しかし「まつうら歯科」では、歯科医師の診断後、歯科技工士の立ち会いのもの、実際に患者様の歯を見ながら色合わせを行います。そのため、より患者様の歯の色に近い精巧な詰めもの・被せものをつくることができます。

【オールセラミックを用いた補強物例】

オールセラミック冠


オールセラミック
このような方にはオールセラミックがオススメ
  • ・ 目立つ銀歯を何とかしたい方
  • 金属アレルギーをお持ちの方
  • ・ 神経のない、黒ずんだ歯に悩んでいる方
  • ・ 古い被せものに変色が見られる方
  • ・ 短期間で軽度に乱れた歯ならびを整えたい方


高強度ガラスセラミック(IPS e.max)(ニケイ酸リチウム)(自費診療)

高強度ガラスセラミック図

IPS e.maxプレスは、高い曲げ強度(400MPa)と適合精度を持っています。また高い強度をもちながら天然歯に近い摩耗性を持っているため、対合歯に優しい素材になっています。

【e.maxを用いた補強物例】

臼歯部インレー、クラウン


メタルボンド図

メタルボンド(自費診療)

金属の芯(土台)にセラミックを焼き付けた歯科素材です。
オールセラミックやジルコニアのように見た目は自然ですが、土台が金属のため透過性に欠け、経年により歯ぐきとの境目が黒ずんできます。ただ、外観そのものはセラミックのため、変色することはありません。
また、ジルコニア同様、強度にも優れています。

【メタルボンドを用いた補強物例】
  • メタルボンド冠
  • メタルボンドブリッジ


ラミネートベニア図

ラミネートベニア

色素が歯に完全に沈着してしまい、ホワイトニングでも歯を白くできないことがごく稀にあります。そういった歯には、ラミネートベニアで対応します。ラミネートベニアとは、歯の表面を極力薄く削り、セラミック製の板を付け爪のように貼り付ける方法です。


その他の審美歯科治療

金合金(ゴールド)図

金合金(ゴールド)(自費診療)

金合金やプラチナを加えた「白金加金」でつくられた補綴物です。金合金やプラチナといった貴金属を使っているため、保険の銀歯のように劣化することがほとんどありません。また、歯や歯ぐきの変色や金属アレルギーの原因になりにくい、というメリットがあります。審美性はオールセラミックに劣りますが、保険診療のパラジウム合金に比べてかたすぎないため咬み合わせがよく、歯になじみやすいことも特長です。

【金合金(ゴールド)を用いた補綴物例】
  • ゴールドインレー
  • ゴールドクラウン

パラジウム合金(メタル)

パラジウム合金(メタル)(保険診療)

パラジウム合金でつくられた補綴物です。強度があるため咬み合わせの強い歯にも適しています。但し歯と金属の磨耗性がちがうため歯の方のすりへり度が強く時間がたつと銀歯の周囲に隙間が生じます。ですが、銀色なので口をあけると目立ち、金属アレルギーを引き起こすリスクがある、といったデメリットがあります。また、経年により劣化することがあります。

【パラジウム合金(メタル)を用いた補綴物例】
  • メタルインレー
  • メタルクラウン



※各評価は、実際に使用する部位により変動します。

歯の色をもっとキレイにしたい!

白く輝く歯は誰もが憧れるものですよね。ですが、歯の色は加齢とともに白さを失っていくこともあるため、歯の色に悩む方が多いものです。そんなお悩みにお応えするのが「ホワイトニング」。専用のホワイトニング剤を使って歯を漂白し、歯が持つ本来の白さを取り戻す方法です。歯を削らずに白くできるため、女性を中心に大変人気があります。

ホワイトニング図

ホワイトニング

歯そのものの色が気になる場合に有効です

当院ではホームホワイトニングを推奨しています。NITEホワイトエクセル10%のホワイトニング剤を使用して歯を白くします。効果が得られるまで時間がかかるものの長期間白さを保つことができます。型採りや施術前のクリーニング、マウスピースの受け渡しのために最低2回の通院が必要ですが、その後はいつでも好きな場所・時間にご自身で施術できるため、忙しくてなかなか通院できないOLの方にも人気です。

ホワイトニング前の診断の重要性

ホワイトニングは、歯の色を改善するための方法ですが、軽度な着色汚れを取る方法に「PMTC」という方法もあります。変色の原因によって施術方法が変わるため、ホワイトニングをする前の診断は重要です。「まつうら歯科」では、適切な施術のために正確な診断を行います。


PMTC

PMTC
コーヒーや紅茶の茶渋、タバコのヤニなどによる「着色汚れ」に有効です

PMTCとは、歯科医師や歯科衛生士が専門機器を使い、着色などの歯の汚れを徹底的にクリーニングする施術のこと。クリーニング後は汚れが再付着しにくくなります。軽度な着色汚れによる歯の黄ばみ・黒ずみは、PMTCで解消できることがほとんどです。


PMTCは比較的安価なうえ、虫歯予防にも効果を発揮します。歯の着色の有無にかかわらず、定期的な施術が望ましいでしょう。予防の意味も兼ねて、まずはPMTCからはじめてみませんか?

審美歯科の安全性について

突然、皮膚病や粘膜の病気を発症する……さまざまな原因が考えられますが、その原因の1つに銀歯や入れ歯など、歯科診療で使う金属によって引き起こされる金属アレルギーがあることがわかりました。

金属アレルギー

金属アレルギーとは、金属が原因で皮膚に湿疹やかゆみを引き起こす症状。金属そのものが原因となるのではなく、金属から溶け出した金属イオンが、体内のタンパク質と結合することで人体がそれを異物とみなし、アレルギー反応を起こします。

お口の中の金属が引き起こすアレルギーは、金属との接触部に起こるだけではなく、だ液によって溶け出した金属イオンが血流によって全身に運ばれることで、手足や全身にまで影響が及ぶケースがあります。これは花粉症やアトピー性皮膚炎と同じ原理で起こり、すぐに症状があらわれるとは限らず、数年、あるいは数十年経ってから突然発症するケースが多く、原因がすぐに特定できないこともあります。

現在、自覚症状がなくても、銀歯や金属を使った補綴物がある方は、もしかすると金属アレルギーを今後発症する可能性があるのです。

まつうら歯科の審美歯科

「まつうら歯科」の審美歯科は、保険診療、自費診療を幅広く行い、既に金属アレルギーを自覚している方はもちろん、すべての患者様に対し、診療メニューの中からご自身に最適な治療を選択していただけます。診療内容について詳しくご説明させていただき、患者様にご納得いただいてから診療に入りますので、気になることはどんなことでもご相談ください。

チェック!あなたの美歯度診断

患者様によって、お口の美しさに関するさまざまなご要望とお悩みがあることと思います。美を追求するあなたにとって、どういった審美的な診療が必要なのでしょうか? 以下の項目をチェックしてみましょう!

■ 詰めものが見えるのがイヤでうまく笑えない
オールセラミックの白い補綴物なら、口を手で覆うことなく思いきり笑えます!
■ 歯と歯ぐきの境目が黒ずんでいて気になる
生体親和性のよい素材の補綴物を使えば、歯ぐきの黒ずみを改善できます!
■ この歯の黄ばみは落ちるの?
茶渋やタバコのヤニが原因の着色汚れなら、PMTCで解決できます!
■ 歯科医院でクリーニングをやってみたけど、着色が落ちない……
歯の漂白「ホワイトニング」で歯本来の色を取り戻しましょう!
■「色素沈着」で色が落ちないといわれた……
歯を極力薄く削ってセラミック製の板を貼り付ける方法「ラミネートベニア」で、白い歯を実現!
■ 自分ではなく、子どもの歯ならびが気になる
子どものうちからはじめる小児矯正にはメリットがたくさん! 早めの受診を心がけましょう。
■ 入れ歯の針金、見えないようにならない?
針金を使わない、目立たない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」でスッキリと!
■ 入れ歯ってしっかり噛める?バレることはない?
噛むことにこだわるならインプラントがおすすめです。見た目も自然で、他人に気付かれません!
当院では、予防専門ルームを設け、ホワイトニングやPMTCの施術を行っています。虫歯治療など一般の診察室とは別の独立した、とてもおしゃれな雰囲気のスペースです。あなたもサロンに通うような感覚で、白く輝く歯を手に入れてみませんか?
PAGE TOP